展覧会・イベント

トップページ展覧会・イベント

特別展 本館

建築家上遠野徹と本郷新の宮の森のアトリエ

会期
2022年9月10日(土)~2022年12月11日(日)
月曜休館(ただし9/19と10/10は開館し、9/20と10/11休館)
会場
本郷新記念札幌彫刻美術館 本館
観覧料
一般 300円(250円)
65歳以上 250円(200円)
高大生 200円(150円)
中学生以下無料

 ※本展は札幌市文化芸術鑑賞促進事業により、半額料金になっています。
 ※( )内は10名以上の団体料金
主催等
主催︰本郷新記念札幌彫刻美術館(札幌市芸術文化財団)
後援︰北海道、札幌市、札幌市教育委員会
協力︰上遠野建築事務所、公益社団法人日本建築家協会北海道支部、北海道建築研究会、北海学園大学米田浩志研究室

展覧会概要

現在、本郷新記念札幌彫刻美術館の記念館となっている建物は、本郷新(1905-1980)がアトリエとギャラリーを兼ねた邸宅として、北海道を代表する建築家上遠野徹(かとの・てつ、1924-2009)に設計を依頼し、1977年に建てられたものです。
本展では、この建物を軸に、上遠野徹と本郷新それぞれの仕事を見ていきます。上遠野は、北海道内の数多くの住宅建築を手掛けています。その写真や図面、模型等から、そこに息づく北の風土に根ざした清廉なモダニズムを紹介します。また、本郷新のアトリエがつくられる過程で描かれた図面やイメージスケッチなどを通して、この建物に込められた両者の思いを明らかにしていきます。さらに、本郷新が短いながらもここで過ごした日々をたどるとともに、病に伏して入退院を繰り返していた一年間に残した彫刻、素描、草稿などを展示し、最後まで創作に向き合い続けた姿や、ここを美術館とするための動きを紹介します。 

■展示構成
第一章 上遠野徹の住宅建築1957-1978
上遠野徹が本郷新のアトリエ設計までに手掛けてきた、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造それぞれの代表的な住宅建築を、写真、平面図、1/100外観模型、上遠野自身のコメントにより紹介します。
〈紹介建築〉
高橋邸(1957年、札幌、木造2階建)、栗谷川邸(1959年、札幌、木造2階建)、川上邸(1962年、札幌、木造2階建)、松野邸(1968年、札幌、鉄骨造2階建)、自邸(1968年、札幌、鉄骨造平家建)、大滝邸(1971年、釧路、鉄筋コンクリート造2階建)、坂本邸(1973年、釧路、鉄骨造平家建)、金川邸(1975年、札幌、鉄骨造2階建)、田島邸(1978年、札幌、鉄筋コンクリート造3階建)

第二章 宮の森のアトリエができるまで
「自然の環境を生かし、四季の変化のすばらしい北ぐにの条件を存分に取入れたアトリエ」という本郷の要望を、上遠野はいかにかたちにしていったのか。東京と札幌を往復しながらの幾度ものやりとりのなかで描かれた図面、イメージスケッチなどにより、その過程をたどります。また、今回新たに作成した1/50模型も展示します。

第三章 本郷新がここで過ごした日々
1977年11月にアトリエが完成すると、本郷は東京の自宅と頻繁に行き来し、翌1978年には1年の1/3をここで過ごしています。滞在日やその間の行動を追いながら、宮の森で制作された作品を紹介します。

第四章 彫刻の美術館へ
宮の森のアトリエでの暮らしを満喫していたのも束の間、1979年2月に東京で病に伏し、再び訪れることは叶いませんでした。
闘病を続けていた10月には、この建物と敷地、さらに全作品を次代のために寄贈することを北海道と札幌市に申し出、彫刻美術館の設立に向けて動きはじめます。関係者への手紙や構想図などの資料から本郷の思いをたどるとともに、入退院を繰り返すなかで制作した彫刻、素描、草稿を通して、最後まで創作に向かい続けた姿勢を紹介します。

第五章 記念館─宮の森のアトリエのいま
アトリエを記念館にする際、収蔵庫や事務室などのバックヤードをつくるために改修をしていますが、本展開催に合わせ、仮設壁を一部撤去し、建設当時の姿にできるだけ復元するとともに、会期中、これまで公開していなかった居住部分の階段や寝室もご覧いただけます。

所在地

〒064-0954
札幌市中央区宮の森4条12丁目

お問合わせ
メールから問い合わせる

TEL:011-642-5709

◎当館のイベント情報をお送りいたします。
ご希望の方は、お電話またはメールにてご連絡ください。

本郷新記念札幌彫刻美術館は、(公財)札幌市芸術文化財団が管理・運営しています。
Copyright © Hongo Shin Memorial Museum of Sculpture, Sapporo All Rights Reserved.