English
 

美術館について

本郷新について 

本郷新記念札幌彫刻賞 

教育事業  

年間スケジュール  

ご利用案内、アクセス

お問い合わせ 

リンク 

【最新情報はこちらから】

ツイッター



札幌彫刻美術館日記


「札幌散策」ロゴ

2016.5.12更新

【お知らせ】

■開館35周年記念ロダン展関連事業
 連続講座2016「彫刻の美をたずねて」
西洋および日本の彫刻芸術の歴史や表現について、講師がそれぞれの視点からわかりやすくお話しします。
受講者にはもれなく、当館で今年開催する各展覧会をご覧いただける展覧会パスポートをお渡しします。聴いて、観て、彫刻の多彩な美にふれてください。

◆第1回「日本の近代彫刻−文明開化150年の潮流」
  日 時:2016年6月12日(日)10時30分〜12時
  講 師:寺嶋弘道(当館館長

◆第2回「西洋彫刻の表現と技法−ロダンまで、ロダン以後」
  日 時:2016年9月18日(日)10時30分〜12時
  講 師:國松明日香(彫刻家)

◆第3回「現代彫刻の展開−拡張する空間と素材」
  日 時:2016年11月20日(日)10時30分〜12時
  講 師:佐藤友哉(札幌芸術の森美術館 館長)

会 場:道新プラザDO−BOX
     (札幌市中央区大通西3丁目北海道新聞本社1階)
       ※変更になる場合があります。

受講料:3,000円(全3回/展覧会パスポート付)
     ※3回すべて受講できない場合はご相談ください。

定 員:50名

申 込:5月21日(土)9時30分より
     電話(011-642-5709)にて受付(先着順)

※展覧会パスポートで下記の展覧会をご覧いただけます。
・コレクション展 お母さん大好き!
 4月16日(土)〜7月3日(日)

・開館35周年記念ロダン展
 7月9日(土)〜9月25日(日)

・野又圭司展
 10月5日(水)〜12月4日(日)

主 催:本郷新記念札幌彫刻美術館(札幌市芸術文化財団)、北海道新聞社


■春の美術館めぐり

札幌市内の3つの美術館をめぐり、美術鑑賞とともに美味しい食事をお楽しみいただけます。

日 時:2016年6月17日(金)
     9時40分〜16時15分(予定)
 

行 先:本郷新記念札幌彫刻美術館
     コレクション展 お母さん大好き!、
     記念館常設展示

     北海道立近代美術館
     「ともにいること ともにあること」展

     札幌芸術の森美術館
     有元利夫展

昼食会場:ラムダイニング大倉山(大倉山ジャンプ競技場内)

定 員:25名※応募者多数の場合は抽選

参加料:一般3,000円/65歳以上2,770円
     (展覧会観覧料・昼食代・保険料など含む)

申込方法:5月23日(月)まで(必着)にハガキに「氏名・住所・電話番号・年齢」を明記の上、下記宛て先までお送りください。
※ハガキ1枚につき、2名様までお申込みいただけます。2名でお申込みは、全員のお名前をお書きください。
お申込みいただいた方全員に、5月28日(土)までに結果を郵送いたします。28日を過ぎても届かない場合は御手数ですが、
当館(011-642-5709)までご連絡ください。


宛て先:〒064-0954 札幌市中央区宮の森4条12丁目 本郷新記念札幌彫刻美術館 美術館めぐり係



【本館での展覧会】


■コレクション展 お母さん大好き!

会 期:2016年4月16日(土)〜7月3日(日)

開館時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)

休館日:月曜日

観覧料:一般 300(250)円、65歳以上 250(200)円、高大生 200(100)円、中学生以下無料
※( )内は10名以上の団体料金 
※障がい者手帳のご提示により、ご本人と付添の方1名まで無料
※札幌芸術の森美術館、札幌宮の森美術館の観覧券半券をお持ちの方は( )内の料金でご覧いただけます。


主催 本郷新記念札幌彫刻美術館(札幌市芸術文化財団)
後援 北海道、札幌市、札幌市教育委員会

彫刻家・本郷新(札幌生まれ、1905-1980)は、つねに社会を見つめ、平和を希求したヒューマニストとして知られています。母と子の愛の姿は、本郷の芸術における大切なテーマのひとつでした。初期の代表作《嵐の中の母子像》から、晩年の《遥かなる母子像》まで、数々の母子像が残されています。

本展では、当館コレクションの中から、本郷が母子の姿を表現した彫刻作品およびそれにまつわるデッサンや写真資料をご紹介します。ときに強く、ときに優しく我が子を抱く母たちと、母に身を寄せる子どもたちの姿をとおして、大切な人に思いを馳せてみませんか。


【同時開催】
■In My Room イン・マイ・ルーム
2012年よりスタートしたシリーズ展。本館展示室の一角を会場に、北海道を拠点に彫刻・立体表現を追求する若手作家の仕事を個展形式で紹介します。小さな部屋に広がる独自の作品世界にご注目ください。

vol.11 宮下真理子
会期:4月16日(土)〜5月22日(日)
※休館日、開館時間は「お母さん大好き!」展と同じ。
※「お母さん大好き!」展の観覧券で観覧いただけます。


宮下真理子《おぼろ月》2011年 樟、鉄

1988年江別市生まれ。北斗市在住。女子美術大学芸術学部立体アート学科卒業。上越教育大学大学院学校教育研究科修了。木などを素材に、物語性をたたえた多様な彫刻表現を試みる。
国展彫刻部で入選を重ね、全道展にも出品。道展U-21優秀賞(2010)、70周年記念全道展70周年記念賞(2015)受賞。

vol.12 菊池さくら
会期:5月24日(火)〜7月3日(日)
※休館日、開館時間は「お母さん大好き!」展と同じ。
※「お母さん大好き!」展の観覧券で観覧いただけます。



菊池さくら《夜の旅路》2015年 木、錆、他

1990年札幌市生まれ、札幌市在住。札幌大谷短期大学部専攻科美術専攻油彩コース修了。植物や金属を素材に、古色を帯びた詩的で繊細な造形作品を手がける。個展「天展 tenten」(2014/六花亭福住店・札幌)、「夜の旅路」(2015/カフェエスキス・札幌)での発表のほか、作家集団「文無商會スッテンテン」としての活動多数。

【関連イベント】
◎ギャラリートーク

学芸員が本展出品作について、解説するほか、イン・マイ・ルーム展出品作家にもお話しをうかがいます。

日 時:2016年5月7日(土)14:00〜14:40
ゲスト:宮下真理子

日 時:2016年5月28日(土)14:00〜14:40
ゲスト:菊池さくら

※申込不要、要展覧会観覧料

◎親子のダンスワークショップ
親子で体を動かして、思い出に残る母の日にしませんか。プロの講師の指導のもと、「親子の愛」をテーマに楽しいダンスに挑戦します。

日時:5月8日(日)13時30分〜15時30分
会場:札幌彫刻美術館 本館庭園
講師:井川真裕美(ダンススタジオマインド インストラクター)
費用:2,000円
対象:4歳〜小学校3年生のお子様とその保護者
定員:10組20名程度
申込:4月23日(土)9時30分より電話受付
    
(011-642-5709)
※定員になり次第受付を終了いたしますので、ご注意ください。



《嵐の中の母子像》(1953年)と本郷新


本郷新《遥かなる母子像》1979年
クルミ、チーク





















































【記念館について】

記念館は本郷新が生前にアトリエとして建てた邸宅です。本郷の代表作のほか、本郷が手がけた日本各地の野外彫刻の石膏原型、制作道具、日用品、家具などを展示しています。
※観覧料は本館の観覧料に含まれます。

記念館外観

■本郷新記念札幌彫刻美術館開館35周年記念
  本郷新と札幌彫刻美術館

会 期:2016年4月16日(土)〜通年 
開館時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)
観覧料:本館展覧会の観覧料で記念館もご覧いただけます。

彫刻家・本郷新の人となりや制作姿勢、本郷が夢を託した札幌彫刻美術館の歩みを作品や資料をとおしてご紹介します。




★美術館周辺の観光スポット


円山公園
http://www.welcome.city.sapporo.jp/find/nature-and-parks/maruyama_park/
春にはお花見が楽しめる憩いの公園です。当館から徒歩約20分。

札幌市円山動物園
http://www.city.sapporo.jp/zoo/
ホッキョクグマから爬虫類までさまざまな動物に出あえる人気の動物園。
当館から徒歩約20分。

大倉山展望台
http://okura.sapporo-dc.co.jp/
大倉山ジャンプ競技場からの展望を楽しめます。札幌ウィンタースポーツミュージアムも併設。
当館から徒歩約15分。

札幌宮の森美術館
http://www.miyanomori-art.jp/
宮の森ミュージアムガーデン内の美術館。おもに現代美術の展覧会を開催しています。
当館から徒歩約8分。

★当館周辺の散策には「円山・宮の森散策マップ」をぜひご利用ください。
 本郷新記念札幌彫刻美術館(公益財団法人札幌市芸術文化財団)  〒064-0954 札幌市中央区宮の森4条12丁目  電話 011-642-5709  >>サイトポリシー