本郷新記念札幌彫刻美術館 トップページ本郷新の作品本郷新作品集 > 躍進・讃歌

躍進・讃歌
   二人の女性は札幌北1条教会に臨む

 「躍進・讃歌」は、1972(昭和47)年に第27回国民体育大会記念碑「太陽の讃歌」として鹿児島市鴨池公園に制作設置した作品の一部です。

 「太陽の讃歌」は、高さ3メートル、幅4.2メートル、奥行き6.5メートルの巨大な右手の上に国体のシンボル像にふさわしい健康的な男性と女性の4人の群像が両手を大きく広げ躍動的なポーズをした作品です。本郷新が67歳の時に制作しました。

 「躍進・讃歌」は、群像の中で肩を寄せ合っている二人の女性を向かい合わせにしています。以前は、東京のフジサンケイグループの大手町ビルの前に1973(昭和48)年に設置されていました。フジサンケイグループの箱根の彫刻の森美術館には本郷の代表作「哭」や「花束」「鳥を抱く女」などの作品が収蔵され、その関係で実現したのでしょう。

 1998(平成10)年、ビル改築に伴いに札幌の現在地(北1条西14丁目)、北海道文化放送の前庭に移設されました。本郷の作品は、高い台座の上に置かれる場合が多いのですが、この作品は低い位置にあります。建物前には広いスペースが設けられていますので、作品を身近に楽しむことができます。

 「躍進・讃歌」の道路向かいにある日本キリスト教会札幌北一条教会は、本郷の両親が結ばれた教会です。本郷も幼いころ日曜学校に通っていたようです。本郷が通っていた頃は、北1条西6丁目にありました。1927(昭和2)年改築に伴いに設計を任されたのはフランク・ライト・ロイドに学んだ若き建築家田上義也(1899〜1991)でした。本郷ともゆかりの深い田上は、札幌彫刻美術館初代理事長でもあります。

 教会が現在地(北1条西13丁目)に1979(昭和54)年に移転したとき再度設計したのも田上でした。田上の代表的建築であるモダンな北一条教会と本郷の作品が隣接しているのも、不思議な縁といえるのかもしれません。

(2005年11月1日 札幌彫刻美術館 学芸員 井上みどり)

>>作品一覧へ戻る

画像:躍進・讃歌
躍進・讃歌 1972年 ブロンズ

画像:躍進・讃歌