本郷新記念札幌彫刻美術館 トップページ本郷新の作品本郷新作品集 >わだつみのこえ

わだつみのこえ
  若者の本来在るべき姿

画像:わだつみのこえ
画像:わだつみのこえ
「わだつみの声」 
1950年 ブロンズ
本郷新記念札幌彫刻美術館庭園

 輝くばかりの肉体を持った青年。「わだつみ」像は、学徒出陣により無念の死を遂げた若者の本来のあるべき姿を表現している。

 1948年、戦没学生の手記出版に際してタイトルを公募したところ、京都の藤谷多喜雄は「なげけるか、いかれるか、はたもだせるか、きけ はてしなきわだつみのこえ」の短歌を添えて「はてしなきわだつみ」として応募した。これに手が加えられて「きけ わだつみのこえ」の書名となったのである。この本は、当時ベストセラーとなり、その益金の一部が「わだつみ」像の制作に充てられた。

 制作の依頼を受けたのが、このとき44歳の本郷新である。
 後に本郷は、「私はこの像を作るのに平和への祈りをこめた。反戦、平和の象徴としてこの像をみてもらえればいい」と語っている。

 作品は1950年8月に完成、11月には東大構内に建立させる予定であったが、大学当局の許可が下りなかった。
 行き場を失った「わだつみ」像を受け入れたのが、学生たちの意をくんだ立命館大学総長末川博であり、1953年、同大学構内にこの像を設置した。
 現在は、立命館大学国際平和ミュージアムで見ることができる。

 当館庭園の「わだつみ」像は、北大構内に設置するために鋳造されたが、北大の許可が下りぬまま、本郷の小樽春香山アトリエで仮の除幕式が行われた。1981年、美術館が開館する際に、美術館に寄託された。

 「わだつみ」像は、美術館のシンボル像として訪れる人を迎えるように四季折々の中、静かに佇んでいる。

(2004年5月1日 札幌彫刻美術館 学芸員 井上みどり)




>>作品一覧へ戻る