本郷新記念 札幌彫刻美術館 トップページ本郷新の作品本郷新作品集>馬の石 
 
馬の石
  
一番大きな石の作品

 本郷新の石の彫刻は、1954年から形を単純化した頭像を数点制作しています。本郷の石の作品で一番大きいものは、1963年7月1日から9月30日までの3カ月間、神奈川県足柄郡真鶴町の県立公園真鶴半島道無海岸で開催された日本で最初の彫刻シンポジウム「世界近代彫刻シンポジウム」(朝日新聞主催)に参加して公開制作した「馬の石」(1963年)です。

 シンポジウムは、国外から6人、国内からは本郷、木村賢太郎、水井康雄、毛利武士郎、野水信、鈴木実の6人の彫刻家が招待されました。使用された素材は、重量10トンをこえる新小松石(安山岩)です。当時最年長であった49歳の本郷は、シンポジウムのリーダーとして炎天下、若い彫刻家ともに寝食をともにしながら制作に取りくみました。

 彫刻とは展覧会に出品するためのもの、あるいは室内に飾られる愛玩的な存在ではなく、太陽の下の空間芸術としての存在を主張していた本郷にとってシンポジウムという形態は、アトリエ制作では得られない新鮮な体験でした。

 制作した作品で唯一具象的な作品であった本郷は、「彫刻というものは、つくられたものが独りよがりでなく、説明がなくても見る人にわからなければならないと思っている。だからといって私は馬の写生をやったわけでもない。私は、抽象だとか具象とかいう風に区分けから出発することよりも、まず自分を制作にかりたてるリアリティというものが一番大切だとおもっている」(註)と述べています。これまで具象を中心に制作してきた本郷が、彫刻家として今後進むべき方向を示した決意表明とも言える言葉でした。

 完成した作品は、現在富田林市のパーフェクトリバティー教団の大平和記念塔「彫刻の庭」に他の参加作品と共に野外設置されています。

(註)「空間芸術としての力の回復」『赤旗新聞』1963年10月26日

(2007年6月6日 札幌彫刻美術館 学芸員 井上みどり)


>>作品一覧へ戻る

画像:制作中の馬の石
世界近代彫刻シンポジウムで公開制作している本郷新

画像:完成した馬の石
馬の石 1963年 安山岩(真鶴半島道無海岸)