本郷新記念札幌彫刻美術館 トップページ本郷新の作品本郷新作品集>本郷新とテラコッタ

本郷新とテラコッタ
  土と火の祭り、遊び心あふれる造形

画像:土と火の祭り
本郷新 「土と火の祭り」 1969年
幼い頃の記憶をたどるように、内面を見つめ追求した形、本郷にとって原点となるような形が表れてくる。本郷はテラコッタの作品を「素朴で強いのが一番」と語っている。

画像:土と火の祭り

 本郷新は、1965年小樽市春香町(はるかちょう)の石狩湾を見下ろす山麓に、東京世田谷のアトリエとは別に、野外彫刻など大作を完成した後の休息の場、あるいは故郷に戻ったときの拠点としてアトリエを建てた。春香のアトリエでは、ふるさと北海道の仲間と親交を深め、趣味の釣りを楽しみ、その一方でテラコッタを作っている。毎日粘土に触れていなければ気がすまなかったのであろう。

 春香のアトリエで制作したテラコッタの作品は、自由奔放な遊び感覚に溢れている。ロダンなどの近代彫刻に影響を受けながら彫刻家として歩んできた本郷であるが、「木や土を扱うと日本的で原始的な意識が働く」と語っている。漠然と手慰みとして粘土に触れながらできあがったものは、子供の粘土遊びのように、無心に楽しみながら作っているような作品ばかりである。粘土を捏ね、のばし、はりつけ、思いつく全てのことを試しているテラコッタの作品は、人体を表現するブロンズ像とは違い、ユニークで独創的だ。

 テラコッタは、北海道の硬質の土を用いて1,100度の釜で焼いている。上手なかたちを作ろうと意識していないだけに、自由さがある。本郷は、「テラコッタというものは、もっとその人の持つべき、あえて持つべきといってもいいだろうけど、むきだしの素朴で強い、そこへいきたいですね。」と語っている。

 遊びで作っていたテラコッタの小品は、いつしか北方シリーズ(1966年)として発表し、『土と火の祭り』(1969年)をテラコッタ作品の集大成として完成させた。遊びでさえも作品にしてしまう、作家としての貪欲な創作の姿勢が感じられるエピソードかもしれない。

(2004年7月1日 札幌彫刻美術館 学芸員 井上みどり)

>>作品一覧へ戻る