本郷新記念札幌彫刻美術館 トップページ本郷新の作品本郷新作品集>太陽の母子

太陽の母子
   微笑をたたえ慈しみのまなざしを注ぐ母


画像:太陽の母子

 「太陽の母子」は、1976(昭和51)年横浜市中区馬車通にアイスクリーム発祥記念像として設置された作品です。

 アイスクリームは、1869(明治2)年6月、横浜馬車通りに町田房造が氷水屋を開業。「あいすくりん」という名で売られたのが始まりといわれています。日本アイスクリーム協会は、1964(昭和39)年この先駆者、町田房造(まちだふさぞう)を称えて毎年5月9日を「アイスクリームデー」と制定しました。

 制作を依頼された本郷は、「太陽の母子」をアイスクリームの原料ミルクから連想して、母乳で子どもを育む「母」のイメージで制作しました。母のひざの上で無邪気に両手を広げ、全体重を母にあずけた幼子と、微笑をたたえ慈しみのまなざしを注ぐ母。母と子の深い絆で結ばれた姿を本郷は表現しようとしたのでしょう。

 本郷は母子像を、さまざまなテーマで制作しました。「嵐の中の母子像」のような困難に突き進む力強い母子像と全く違う視点で制作した「太陽の母子」は、穏やかで平和そのものの姿をしています。本郷の表現の幅の広さをあらためて感じさせる作品です。

(2006年1月1日 札幌彫刻美術館 学芸員 井上みどり)



>>作品一覧へ戻る

画像:太陽の母子
太陽の母子像 1976年 ブロンズ
※写真の「太陽の母子」は、1991(平成3)年美術館に隣接した宮の森緑地遊歩道に設置された作品です。
画像:太陽の母子