本郷新記念札幌彫刻美術館 トップページ本郷新の作品本郷新作品集>早春賦

早春賦
   社会に旅立つ姿を心に描いて

画像:早春譜

 太陽の陽射しを避けるように、両腕を上げ背筋をまっすぐ伸ばした若々しく健康的な女性がひとりたたずんでいます。彼女の避けようとしている陽射しは、どんな季節でしょう。

 この作品は、1983(昭和58)年に光塩学園女子短期大学に創設30周年記念として設置されました。本郷が光塩学園に1967(昭和42)年に講師なったことが縁です。

 春、学生が期待と不安を胸に学び舎を卒業し、社会に旅立つ姿を心に描いて「早春賦」とつけたのでしょうか。本郷の妻・重子さんが命名です。

 「早春賦」と同型のものが、釧路市幣舞橋(ぬさまいばし)にあります。1977(昭和52)年に設置された「道東の四季-冬」です。幣舞橋には、ほかに春と夏、秋の像があります。春は舟越保武、夏は佐藤忠良、秋は柳原義達がそれぞれつくっています。4人は、20代から深い信頼と友情で結ばれた彫刻仲間です。戦前から戦中の苦しい時代を励ましあいながらお互い彫刻家として生き、戦後日本を代表する作家となりました。縁あって4人が協力して、「道東の四季」を作ることができ、良い記念になったのではないでしょうか。また、釧路市民にとっては大切な財産になりました。

 春のイメージの「早春賦」と同じもののタイトルが、「冬」なのを不思議に思われるでしょうか。寒く厳しい冬の数ヵ月後には、必ず春がやってきます。春を待つ冬。本郷も、そう思いながら制作したのでしょう。札幌彫刻美術館にある「冬」の像の素描のタイトルが、「春を待つ」となっているのがそれを物語っています。

(2005年5月1日 札幌彫刻美術館 学芸員 井上みどり)


>>作品一覧へ戻る

画像:早春譜
「早春賦」 1977年 ブロンズ