本郷新記念札幌彫刻美術館 トップページ本郷新の作品本郷新作品集 >重子像

重子像

 1930年、本郷新は25歳のとき友人の妹、俣野温子と結婚しました。前年には、母のスミス女学校の同期生である河合道子が創立したキリスト教主義による東京恵泉女学校に絵画教師として職を得ています。

 結婚によって本郷は二人の息子を得ました。彫刻家としては、国画会の会員、「造型彫刻家協会」創設(1936年)、新制作派協会(現在の新制作協会)の彫刻部創設(1939年)の中心メンバーとなり着実に実力をつけていきました。公私共に充実していた矢先に日本は長い戦争に入り、思うように制作ができなくなりました。また、発表の場も限られていきました。

 そのような状況の中、本郷に不幸が訪れました。1944年に妻・温子が結核のため36歳で亡くなりました。一方でこの年の秋、戦災の消失を恐れた奈良の唐招提寺では鑑真和上像の模刻を本郷に依頼がありました。模刻をするため本郷は唐招提寺舎利堂の北隅、東堂の一室で起居して制作に専念しました。妻の死と、天平の傑作鑑真和上像を直接傍に置いての模刻。本郷の心のうちはどうだったのでしょうか。

 1944年、本郷はお見合いによって函館出身の小林重子と結婚しました。重子は、戦前に共同通信社シンガポール支局長の小林猪四郎と結婚していました。シンガポール時代は、藤田嗣治とも交流があったそうですが、終戦間際に帰国した後、夫を亡くしていました。1947年に制作された「重子像」は、終戦後初めて開かれた新制作展に「婦人像」として出品されました。モダンな髪型と柔和に微笑む女性像です。

 重子をモデルにした作品は、油彩、素描、ペンダントヘッドがあります。これらの作品は、二人の睦まじい関係を伝えています。

画像:新聞を見る重子夫人
新聞を見る重子夫人 1973年 油彩/キャンバス

 1980年2月13日に亡くなった本郷を看取ったのは重子でした。その後、重子は、1993年9月9日88歳で亡くなりました。葬儀に飾られていた遺影は、本郷が描いた「新聞を見る重子夫人」でした。

画像:温子像
温子像 1933年〜1948年 ブロンズ

画像:重子像
重子像 1946年 石膏

画像:ペンダントヘッド
ペンダントヘッド

 


画像:雑誌に掲載された写真  重子は、1952年5月発行の月刊「栄養と料理」に「私の料理」という記事を書いています。

 冒頭「昨年の夏、ある婦人雑誌に外来料理を書いてから、何時の間にか料理専門家にされて、戸惑う事があります。」と書かれ、「鰊の薫製酢漬」「豚のにんにく焼き」「レバーのバタ焼」などその当時としては珍しい西洋料理を紹介しています。重子の西洋風な雰囲気を伝えています。

 本郷家からご寄贈いただいた資料の中に、雑誌に掲載された写真がありましたのでご紹介します。一緒に写っているのは、本郷と彫刻家の佐藤忠良です。


(2007年1月1日・札幌彫刻美術館 学芸員 井上みどり)

>>作品一覧へ戻る