本郷新記念札幌彫刻美術館 トップページ本郷新の作品本郷新作品集>オホーツクの塔

オホーツクの塔

 網走のシンボルタワー「オホーツクの塔」の建設委員会が組織されたのは1977(昭和52)年でした。網走新聞社内に置かれた事務局では、本郷新に制作を依頼、設置費用は有志による募金活動で賄われました。

 70年代の本郷は、鹿児島国体シンボル像「太陽の讃歌」、釧路「石川啄木」、大阪「緑の賛歌」、釧路幣舞橋「道東の四季―冬」など、時代の要請に伴い野外彫刻の大作を次々と制作していました。

 「オホーツクの塔」の設置場所は、知床連山が見える景勝地、能取岬が選ばれました。除幕式の1978(昭和53)年8月には、本郷も出席して行われました。

 記念碑は、冬になると一面流氷に覆われるオホーツク海を背景に建てられています。高さ10メートルのコンクリート製による二本の柱と、3メートルの漁民の像との構成になっています。稚内の「氷雪の門」を彷彿させるかたちです。肩に網をかけた漁民の姿は、この地方の漁民に直接訪ねて調べました。仰ぎ見るような、高さ2メートルの台座の上に置かれた漁民の像の上部の柱には鮭が配されています。

 能取岬の像の碑文には、

 -------------------------------------------

 百余年の苦難をこえて培われたオホーツク沿岸漁業は、海洋法の制定など国際情勢の変化に伴って、新しい時代を迎えるに至った。

 ここに開拓先人の業績を讃えると共に、その霊を慰め、水産日本の発展を希求し、この塔を建立する。

 昭和53年8月13日
 オホーツクの塔建設委員会

 -------------------------------------------

と書かれています。

 鮭と漁民の像のエスキースは、それぞれ「大漁」と「オホーツク海」のタイトルで網走市立美術館前庭に置かれています。


 (2006年10月1日 札幌彫刻美術館 学芸員 井上みどり)

画像:オホーツク海
「オホーツク海」像 1977年 ブロンズ
画像:大漁
「大漁」像 1977年 ブロンズ

画像:能取岬から見るオホーツク海
「オホーツクの塔」の設置された能取岬から見るオホーツク海。(2007年2月撮影)

>>作品一覧に戻る

画像:オホーツクの塔
「オホーツクの塔」像 1978年 ブロンズ

能取岬へのアクセス
タクシー:JR網走駅から3,500円前後(約20分)
バス:網走バスが運行する定期観光バス「流氷バス」のみ。2007年3月11日(日)まで運行。詳細は網走バスのサイトを参照。

画像:漁民の像
札幌彫刻美術館の記念館にある石膏原型