本郷新記念札幌彫刻美術館 トップページ本郷新の作品本郷新作品集>無辜の民

無辜の民(むこのたみ)
   1970年に制作した15点の連作


画像:無辜の民 メコン河T
「無辜の民 メコン河T」 1970年 ブロンズ

 このシリーズは、中東戦争等の中にあって悲惨な状態に追い込まれた無辜(罪のない)の民衆の姿をモティーフに1970年に制作した15点の連作です。

 死体が流れた川の上に、何事もなかったように浮かぶ雲との対比で、彼岸と此岸の狭間にゆれる様子を表現した「メコン河」。傷つき苦しみながらも、なお生きようとする「デルタ」。戦禍で一瞬のうちに家族や家を失い、呆然とした人々は、悲惨な現実に、ある者は祈り、ある者は慟哭し、虚空を見つめ佇む。「乾いた砂」「仏生」「油田地帯」などあらゆる戦争の悲劇を表現したのが「無辜の民」シリーズでした。

 人々の苦しみが尽きることがないように、本郷は紛争の状態を契機に15点を一挙につくりました。これらの作品は、戦争写真のようにあるがままの現実を突きつけるわけではありませんが、人々の苦しみの声が聞こえるようで作品の前に立つと胸が痛みます。

 一様に布を身に巻き付けている「無辜の民」シリーズは、身をよじり、抑圧された人々の苦しみと悲しみを全身で表現しています。社会的メッセージ性が強く、戦後平和運動に積極的に参加した本郷ならではの作品といえるでしょう。彫刻でどこまで表現できるか、本郷にとってもひとつの挑戦であったようです。
 1970年7月に日動画廊で「無辜の民」シリーズによる個展を開催しているのは、本郷の作品に対する自信を物語っているように思います。

 なお、「虜らわれた人T」を拡大した作品が、現在石狩浜に開拓慰霊碑「石狩−無辜の民」として設置されています。

(2006年5月1日 札幌彫刻美術館 学芸員 井上みどり)


>>作品一覧に戻る

画像:無辜の民 デルタ
「無辜の民 デルタ」 1970年 ブロンズ

画像:無辜の民 仏生
「無辜の民 仏生」 1970年 ブロンズ

画像:無辜の民 虜われた人T
「無辜の民 虜われた人T」 1970年 ブロンズ