本郷新記念札幌彫刻美術館 トップページ > 本郷新の作品本郷新作品集> ライラックをかざす乙女

ライラックをかざす乙女
  作家は裸婦をあえてトルソに

 「ライラックをかざす乙女」は、札幌市中央区にある北海道銀行本店落成記念に1964(昭和39)年設置された。

 今にも台座から下りて歩み出しそうなこの作品。踏み出した左足が動的な印象を与える。指先からつま先まで伸びやかで緊張感のあるフォルムは、女性の普遍的な美を私達に示してくれる。これに似たポーズは、その後も度々用いられている。本郷のお気に入りのフォルムなのだろう。

 美術館本館の庭園には、頭部と腕のないトルソのかたちで設置されている。全身像よりも、顔や腕など説明的な表現を省略することで、より一層人体の美しさが強調されている。あえてトルソをつくり、別個の作品としたかった本郷の気持ちが作品を見るとよくわかる。

 北海道銀行本店にある「ライラックをかざす乙女」は、大きく振り上げられた両腕のうち右手には、北海道の初夏を彩るライラックの花房を持たせている。明るく健康的な女性が、銀行に訪れる人々を歓迎している姿を意図しているのだろう。

 この像と同時に、道銀ビル新築記念として、札幌二中(現札幌西高)ゆかりの作家である佐藤忠良、山内壮夫との共同制作による壁面彫刻「大地」も設置されている。
  縦3.27メートル、横42メートルのレリーフである「大地」は、北海道の自然をモチーフにしている。十勝岳と原始林、豊かな牧場や田園の風景など、牧歌的な北海道らしさと未来を担う産業を組み合わせている。
 これほどの大きさのレリーフを制作するのは苦労が多かったようだ。構図の決定から制作までおよそ六ヶ月を要した40年来の盟友との共同制作である。本郷のプロデューサー的資質が発揮され、リズミカルな統一感持った作品となっている。

(2004年11月1日 札幌彫刻美術館 学芸員 井上みどり)


>>作品一覧に戻る

画像:ライラックをかざす乙女
彫刻美術館の庭にあるトルソ。
「わだつみの声」と向かい合って佇んでいる

画像:ライラックをかざす乙女
足を踏み出す本郷らしいフォルム