本郷新記念札幌彫刻美術館 トップページ > 本郷新の作品本郷新作品集>奏でる乙女

奏でる乙女
   復興と平和のシンボル

 「奏でる乙女」は、1954(昭和29)年東京の六本木に戦禍のあとを一掃する区画整理と道路拡張工事が一段落したときに設置された作品です。コンクリートでつくられたギターを奏でる清楚な少女の姿は、六本木の戦後復興の記念にふさわしい作品として地域の方々に受け入れられました。戦争によって焼け野原となった六本木が、9年を経て経済的な復興の兆しが見え、精神的な豊かさを望む余裕を持ち始めた証のような清々しく魅力的な作品だったのではないでしょうか。
 しかし、復興と平和のシンボルであった奏でる乙女は、急速に変貌する東京の街中でなかなか安住の地を得ることができませんでした。1956(昭和31)年の地下鉄工事のために、近くの三河台公園に移転を余儀なくされました。しかも、街灯もない公園のためにしばしば心無いいたずら絶えず、いつしか腕とギター部分を壊されてしまい、一時人々の心から忘れられてしまいました。

 その後、奏でる乙女は昔の姿を懐かしむ人々の強い希望でほぼ同じ形で修復されることとなり、初代制作者の本郷が依頼されました。二代目の材質はコンクリートより堅牢なブロンズになりました。現在の六本木に交差点に移転したのは1975(昭和50)年でした。

 札幌彫刻美術館が開館した当初から所蔵された奏でる乙女は、記念館の入り口近くの白樺の木陰に設置されていました。庭にあった頃、奏でる乙女とともに記念写真に収まっている姿をよく目にしました。それだけ愛されていたのだと思います。

 現在の場所に移転したのは、美術館周辺が「彫刻の庭」として整備された1989(平成元)年でした。来館者を出迎えるように、美術館までの坂道の中ほどの木陰の下に奏でる乙女が置かれています。微笑をたたえた少女の像「奏でる乙女」は、自然に恵まれた宮の森にあって、野鳥のさえずりの伴奏に合わせて清らかなメロディーを奏でながら今日も美術館にお越しになる皆様をお待ちしています。

(2005年12月1日 札幌彫刻美術館 学芸員 井上みどり)


画像:奏でる乙女

東京都六本木交差点にある 「奏でる乙女」
撮影:平本一雄さん(「あなたのまちの本郷新」最優秀作品)


>>作品一覧へ戻る

画像:奏でる乙女
奏でる乙女 1954年 ブロンズ
画像:奏でる乙女
札幌彫刻美術館への坂の途中にある「奏でる乙女」

画像:奏でる乙女