本郷新記念札幌彫刻美術館  
トップページ本郷新の作品本郷新作品集>石狩
石狩
  
未完に終った記念碑

 本郷新は、1975年9月に東京高島屋で、11月には札幌のデパート 、丸井今井で「本郷新彫刻50年展」を開催しています。個展では、彫刻103点、裸婦デッサン10点、野外彫刻の写真パネル14点が出品されました。工芸学校を卒業して50年。彫刻家として集大成ともいえる回顧展でした。
 彫刻家としての大きな節目を無事に終えた本郷の次の目標は、石狩川河口に建てる記念碑設置でした。記念碑は、高さ20メートル、幅6メートルの垂直に延びた巨大な塔をイメージしていました。記念碑のかたちは、中心にはしごを組合わせ、内部に喜怒哀楽など人間のすべての感情を表現した老若男女を配しました。本郷はこの記念碑を今日の北海道発展の礎となった開拓者の塔、人生の塔としたいと考えていたようです。まさに、野外彫刻の集大成ともいえる記念碑の設置場所は、海を隔てて暑寒別岳を一望できる春香山にアトリエを建てるほど強い思い入れがあった石狩浜にし、そしてタイトルを「石狩」としたのです。
 記念碑「石狩」は、大規模な回顧展を終え節目を迎えた70歳の本郷にとって、新たなスタートになるはずでした。作品制作にあたり、これまで体力に自信があった本郷は、設置者の交渉などにも充分時間をかけ実現するつもりでした。記念碑制作にじっくり取り組むために「神様に90歳まで生かしてほしい」と新聞のインタビューに構想と抱負を語っていました。しかし、本郷に残された時間は5年という短さでした。  1979年春に癌が発見され闘病を余儀なくされた本郷ができたのは、様々な下絵とエスキース制作だけでした。翌年、74歳で亡くなった本郷は記念碑「石狩」を完成させることができませんでした。
 素描でしか残せなかった記念碑「石狩」は、本郷の最期の夢をつたえてくれます。

(2007年6月28日 札幌彫刻美術館 学芸員 井上みどり)



>>作品一覧へ戻る

画像:石狩
「石狩」 1979年 鉛筆・水彩/紙