本郷新記念札幌彫刻美術館 トップページ本郷新の作品本郷新作品集 >瀕死のキリスト

瀕死のキリスト

 キリスト教信者である両親の育んだ家庭で育った本郷は、日曜学校など子どもの頃から両親が所属した「北辰教会」(現北一条教会)に通っていました。本郷にとって身近な存在であったキリストの像を彫刻のテーマとして制作するのはごく自然のことであったと思います。

 樟(クス)の木でつくられた『瀕死のキリスト』の裏面には、本郷のサインとともに1941〜48年と刻印しています。本郷は中堅ともいえる36歳から43歳の戦中戦後の混乱期に、モデルや材料の調達など制作を思うようにできなかった期間に制作したことになります。同じ時期である1944年の秋、唐招提寺にこもり鑑真和上像を制作しています。宗教色の強い作品を制作したのは偶然なのでしょうか。

 木に黒く着色したキリストの頭像は、見る角度で表情が微妙に変わります。正面から見ると、受難者キリストの苦悩と人間への深い悲しみと同時に静謐な様子が窺えます。本郷は、同時期にもう1点キリスト像『受難者』を制作しています。その後、最晩年に制作を試み病魔によって素描だけ遺された『磔刑のキリスト』があるだけです。その間の30年余りキリストをテーマとした作品は制作していません。戦争が激化した頃から戦後まで、日本が大いなる試練にあった時期にキリスト像を制作した本郷は、どんな思いでこの作品を制作したのでしょうか。

 その後、この作品は東京国分寺市に池辺陽設計の日本基督教団国分寺教会の会堂が完成した1951年に牧師であった深田種嗣氏に贈られました。『瀕死のキリスト』は、礼拝のとき会堂の前方に置かれたこともあったと深田氏の息子である未来生氏が語っています。その後、未来生氏が牧師を務める京都上賀茂伝道所の復活節礼拝に使われていましたが、1992年に未来生氏より美術館にご寄贈いただきました。

(2006年12月1日 札幌彫刻美術館 学芸員 井上みどり)

>>作品一覧に戻る

画像:瀕死のキリスト
画像:瀕死のキリスト
「瀕死のキリスト」 1941-1948年 木